『偶然は必然』

 

いつもありがとうございます。ラスト・コンパスの堀です。

突然ですが日本の人口数はご存じでしょうか?

 

 

1億2601万人(総務省統計局引用)と言われております。

 

 

企業数はご存じでしょうか?

 

 

410万社(総務省経済センサス基礎調査引用)と言われております。

 

建設業許可業者は約47万社(国土交通省引用)と言われており、以前は50万社以上あった状況では減少しています。

 

建設業は新卒、中途など採用に苦戦をしているという声を聞きます。

今までと同じやり方で採用をしていても募集が集まらない、集まっても採用に至らない、内定を出しても辞退されるなどという声を聞きます。

 

中には採用は都会だからできるという声も聞きます。

都会の方が人口が多いですが企業も多いです。

それと都会で働きたい方もいればそうない方もいます

 

昨年ある会社様と出会い、弊社とお付き合いが始まりました。

何年も採用が出来ない、良い人材がこないなど多くの悩みがありました。

 

結果だけ先にお伝え致しますが見事に即戦力の人材を最近2名採用内定に至りました。

 

 

その会社は都会かと言われると世帯数約2万8千世帯の地域です。

その状況の中でも非常に優秀な人材が採用内定できました。

 

いったい何をしたのか少しお伝えしたいと思います。

採用をしていくにあたり、会社の理念、会社の評価、会社の育成について見直しをしていきました&今ももっともっと良くしております

 

なぜ採用をしていくにあたり理念、評価、育成を見直し整備していったのか?

 

例えば理念を見直し整備していったのかというと、採用の時に「理念に共感する人を採用」するために見直し整備をしていきました。

理念だけでなく数字的未来の事業計画などもお伝えしていきました。

優秀であればあるほどその会社、経営者の理念、数字的未来の事業計画には非常に興味があります。

あと理念だけでなく評価制度を開示し、育成制度を開示していきました。

優秀は方であれば評価制度は気にかかります。もちろん育成制度も気にかかります。

要は優秀な人材が興味があり、同業他社があまり開示できない事が出来ているというのが一つのポイントです。

もちろん他にも色々とありますし、人材の見極め方も学んでおります。

入社するまではマックスできて後は・・・というミスマッチをお互いになくすためにも見極めは大切です。

 

その会社様が何年も採用に苦戦していたのが半年で即戦力を採用に至ったのは、その方法を知り実践しました。

 

これはただの偶然でなく必然だったのです。

 

 

これだけではありませんがこのような体験談を5月以降に、今よりも会社を更に成長させていこうと思っているが方法がわからないという方の為に具体的方法などを公開していこうと思っております。

特に都会ではなく郊外の地域にて公開したいと思っておりますので、ブログを読んで頂いている方楽しみにしておいて下さい♪

 

 

あと偶然は必然と記載しましたが最近私がある地域にてセミナーを開催させて頂いたのですが、その会社のT専務のSNSでその様子を見たその会社から約300㌔離れた地域のK社長がT専務に連絡を入れて、同じ堀担当だと私の話をして頂いて非常に驚いたと連絡がきました。

2人は学生の時の同級生で今でも非常に懇意にしている友人との事です。

 

 

2人とも商談や打合せをさせて頂いていたのですが全くそんな話は出なかったですし、知らなかったです。

 

 

偶然は必然だと改めて思いました。

この場を借りてT専務、K社長これからも宜しくお願い致します(笑)

一覧へ戻る

CONTACT

資料請求