EVENT イベント情報 INQUERY 資料請求

「成長をつくる」

READ MORE

ラストコンパスという法人の存在意義は何か。
何のために世の中に、社会にあるのか。
私たちは「成長をつくる」ために社会に存在していたい。

クライアントの成長をつくる成果と成長という言葉がある。
成果、というのは実績。
もちろん成果を出すことは非常に重要で、
ラストコンパスがクライアントにコミットする
最大の使命でもある。
しかし、一時の成果が出せてもその成果が継続して
伸び続けなければ一過性のものとなってしまう。

成果を出し続ける。
その為の必要条件は取組む人材そのものの成長である。
スタッフ一人ひとりの変化・成長が
企業成長を大きく加速させる。
私たちはその成長に深く関わっていける存在でありたい。

CLOSE
代表取締役 伊藤 高介

代表取締役 伊藤 高介

株式会社ラストコンパスの設立は2017年10月5日です。当時からコンサルティング業界は群雄割拠で、各セグメント別・専門別に代表する会社が確立していました。
そんな中、ラストコンパスは「徹底した現場主義」を掲げ、評論家や学者のようなコンサルではなく、現場理論を徹底理解した「直接コンサルタント」を目指すべく創業しました。

当時は「利益効率が悪い」「人材育成に手間が掛かり過ぎる」「現実的に不可能」と揶揄されることも多くありましたが、現在は私たちの「現場主義」が市場に浸透しつつあります。

現代の住宅・不動産市場は様々な専門性を必要とされています。一昔前までは施工力・設計力・セールス力があれば売上確保できた時代でしたが会社の規模に問わず、商品開発・プロモーション戦略・SNS発信・人材採用能力・人材評価制度・人材育成プログラムと実に幅広い能力を兼ね備えないと企業成長がままならない時代に変化してきていると言えます。
しかし、実態として中小企業はそれら全てに対応仕切れず、思うようなビジョンを達成しきれずにいます。
私たちはそのような現場の状況を打開すべく「最終的に最も頼られる場所」として「ラストコンパス」という社名に致しました。この社名に負けることなく常に加盟店様と一緒に成長を作っていきたいと考えております。

CONSULTING CONCEPT

01.結果主義

01.結果主義

コンサルティング業界には、企業経営理論や財務会計分析、経営政策といった学者の研究に基づいた経営支援があります。しかし、中小企業が直面する現実の世界ではマニュアルにあるような「机上の空論」では対応できないリアルな課題が波のように押し寄せます。
私たちの提供する情報・技術は全て皆様と同じ一企業様が多くの時間と労力を掛け、死に物狂いで見出した結果論、一つひとつが実践を積み重ねて出来た正に血と汗と涙の結晶です。私たちのポリシーは「本物の情報のみを取り扱う」ということ。学術的に非効果的であっても、現実の世界で成果が上がり続けていれば、それを「解(こたえ)」とし世の中に提供していきます。

02.現場主義

02.現場主義

長くこの業界を続ける中で私たちが確信を持っていることがあります。それはマニュアルや研修の提供だけでは実績は上がらないということです。成果を短期間で上げるために最も重要なのは「直接現場にメスを入れる」こと。例えば「アポイントが取れない…」という悩みがあったとしましょう。この悩みに対する答えが「ツールの提供」や「マニュアルの読み直し」では成果が上がるイメージは出来ないのではないでしょうか。私たちは、そのような間接的な支援ではなく「私たちが直接アポイントを取る」支援体制があります。受注支援であれば、商談・プレゼン、集客ツール作成やセミナー運営、人材支援であれば会社説明会の運営、給与体系の制作など「業務そのものを請負う」体制があり、現場から決して逃げることのない、むしろ「直接メスを入れて受注を加速させる」という「現場主義という信念」があります。

03.バーチャル組織

03.バーチャル組織

「これからの時代を生き抜くために必要なスキルは何か?」
多くの会社様にヒアリングしたところ「営業力」「集客」「人材育成」「採用スキル」「ブランディング」「政策対応」「SNS」と会社様によって実に様々。どれか一つだけマスターすれば良いわけでなく、小さな会社であってもその「全体力」を問われる時代となってきております。
しかし、全体力の向上には「人材の増員」が付き物。経営者にとって一番のボトルネックとなる「固定費の圧迫」に対応すべく、優秀な外部ブレーンを揃え、固定費を削減しながら「多様化への対応」を狙います。

04.タイムベース戦略

04.タイムベース戦略

企業にはコスト競争や品質競争といった様々な企業間競争が存在しますが、その中でも私たちがクライアントに推奨する競争戦略として「タイムベース戦略」という考え方があります。この考え方は、コスト・品質と同じ重要度で「スピード自体が戦略になる」というものです。

私たちが取り扱う「scrum」や「リーダースキャンプ」は正にスピード競争を意図した戦略になっており、研修の中で知識を覚えてもらうだけでなく、実践を繰り返すことによって目標達成までのスピードアップを図っていきます。

会社概要

社名
株式会社LAST COMPASS
会社設立
2017年
代表取締役
伊藤高介
従業員
12名
事業内容
建築コンサルティング、セミナー運営、人材コンサルティング
電話番号
06-6459-9690
FAX番号
06-6459-9691
メールアドレス
info@lastcompass.co.jp
住所
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島4丁目4番16号
NLC新大阪6号館401号室