EVENT イベント情報 INQUERY 資料請求

人材育成とポジショニング

みなさんこんにちは。永野です。


4月から新しい年になり、早くも2か月が終了しようとしております。

4月から入社された社員さんはすくすくと成長しておりますか?

今日は人材にまつわる話をしようと思います。


企業の成長戦略の一つに人材育成という考え方があります。

教育に力を入れている企業様は皆様

教育は難しい

と感じているかと思います。

私も最近新しいメンバーが増える毎にどのように教えればいいのか
と言う事で悩まされます。。

それもそのはずで、教育には終わりがありません。

一社会人として、先輩社員としても、教育とは切りたくても切れない関係で、
やり続けないと行けないですので教育に目をむけ続けようと思う今日この頃です。


教育とは
数字を作れる様にさせる事
考え方を教えてあげる事
などが一般的に多いかと思いますが、

成長スピード

これも教育の一種なのかなと思います。

同じ内容を1年で覚えられる人、2年かかる人など人それぞれです。

同じ採用基準を通ってきた場合、
このスピードは教え方で大きく変わってくる様な気がします。


例えば、この子はスポーツをやってきたから体育会系の社員の下につける。とか
本人は、営業志望だが企画側に回した方が成長スピードは早いんじゃないか。とか

建築に置いて考えると、営業か設計か工務か。
など、どこのポジションで仕事をするかは
とても大事になってきます。

これを間違えてしまうと早期退職にも繋がってしまう事を考えると安易に出来ないです。


これの手助けをしてもらう為に、ラストコンパスでは適性検査を採用段階で義務付けております。

入社前に、
どの様な考え方の人なのか。
どう言う行動をとりがちな人なのか。
どう教えた方がいいのか。

がある程度見えてくる為入社後もやりやすいです。


実際に数多くの建築会社様の適正検査のお手伝いもさせて頂いて
おりますが、当たっていると大好評頂いているサービスの一つでもあります。


皆様も採用についてや教育についてなど
何かお困りの事があれば一度お問い合わせ下さい。


人のポテンシャルを最大限に引き出してあげるのも
企業の役割だと思いますので共に頑張って行きましょう!


永野 
一覧へ戻る