EVENT イベント情報 INQUERY 資料請求

1万人に1人の逸材

こんにちは。

 

新年あけましておめでとうございます。

 

髙木です。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

今回の年末年始にあっては皆様はゆっくり束の間の休息を楽しまれましたでしょうか。

 

もしかしたら久々に帰省し、ご家族と過ごされた方もおられるかも知れませんし、ご友人との食事や家族旅行を楽しまれた方々もおられたかもしれませんね。

 

いろんな過ごし方があったと思いますが、年が明けて元旦を迎えると

 

『今年の目標』

2022年の抱負』

 

などを考え、計画される方も多いのではないでしょうか。

 

一年の計は元旦にあり

 

と言われるように、元旦というのは何か新しいことに取り組もうとする一つの節目になることが多いと思います。

 

今回の内容で言いますと、

 

何かに挑戦したい人は10,000

 

実際に実行する人が100

 

それを継続する人は1

 

実際に元旦のような一年の中での節目に目標を立てようが、実行する人、またはそれを継続する人はかなり少ないですよ。と良く話を聞くお話です。

 

以前何かで話を聞いたのですが、ほとんどの人は『できない理由探し』をするとのことです。

 

例えば、毎日ランニングをすることを日課にする。

これを目標にした人がいたとします。

 

その場合のできない理由としては

 

・今日は寒いからやめておこう

 

・昨日飲み会があり、体がだるいから

 

・仕事が忙しいから寝不足でしんどい

 

などなど

 

できない理由というのは、いくらでも出てきます。

 

ランニングやトレーニングなどは良く三日坊主になりやすいと思いますが、原因の一つに

 

頑張りすぎ

 

があると思います。

 

やはり毎日走るという目標を立てた時がやる気のピークです。

 

気合を入れて初日に走りに行くと、大概の人が、長い時間を早いスピードで走ります。

 

すると当然相当疲れる。

 

今まで運動してこなかった人がいきなり高強度の運動をするわけなので当然です。

 

しんどいと感じてしまうが故に、翌朝目覚めた瞬間、

 

昨日頑張ったから今日はいいか。

 

筋肉痛になってるからやめておこう。

 

瞬時に頭をよぎるできない理由探しが始まります。

 

それで布団にくるまってしまうと早速、継続ストップ。

 

このような流れで、終わってしまいます。

 

私もそのような経験はかなり多いですが、やる気が一番ピークの初日に頑張りすぎてしまうことが原因となっていることがほとんどでした。

 

駅から自宅まで歩いていても、あまり走りなれていない方が、物凄いスピードが息を切らせながら走っているのをよく拝見しますが、大丈夫か?と思ってたりします。

 

その人たちが走ってる姿は2度と見ることはないのですが(笑)

 

長く続けるためには、最初から頑張りすぎるのではなく、そのペースになれるために、少しの時間でもいいから継続することが大事だと考えます。

 

冒頭にお伝えした通り、計画したことを実際に継続できる1万人に1人の逸材になるための方法

の一つとして頭の片隅に置いておいていただければ、幸いに思います。

 

 

それでは、本年もラスト・コンパスをよろしくお願いいたします。

一覧へ戻る